亀岡太郎のトップ対談


IMG_7114

全国賃貸住宅新聞さんで一面まるっと、亀岡先生とのトップ対談を掲載いただきました。ありがとうございます。

亀岡先生…不動産業界実業家としてはもちろん、経済ジャーナリストとしてもキング・オブ・重鎮すぎる存在に、さすがに緊張します♡…とかって猫かぶりたかったのに、お会いした瞬間に思わず背筋が伸びて体育会系に「押忍!」みたいなノリのご挨拶になったうえ、安定のがしがし逆質問という無謀かつ無遠慮をやらかしたのですが。汗

あれもこれもと親身に時間オーバーでいろんな昭和の大傑物・大物実業家のエピソードを教えてくださり、とても勉強になるひと時でした。楽しかったなあ。

その時代、その時代の風潮や価値観があるので、それはそれで尊重したほうがいいし変化や進化を続けるべきなのだけれど、
●大事な時にはお腹の底から大きな声を出す
●斜に構えずにやれること全部がむしゃらにやる。何度でもやる
●人に会ったら即、はっきり明るくご挨拶
●本音でぶつかる
これらはやっぱり、大事に続けたいところだとお話伺いながらしみじみ整理してました。

両親を想像以上に早く亡くしてから事あるごとに考えさせられる機会も多くて、斜に構えない、すぐやる何度でもやる、やりたいことは全部やる、そのためにも本音や自分の気迫のようなもの、エネルギー総量みたいなものの重要性を痛感します。

バセドウ病ホルダーなのでもう何年も声や手足が震えるのに困って、人前で話す仕事を立場やいろんなことを理由に避けるようになり、大声を出さず低いテンションで話す癖がついてきてたんですが、もう振り切っていこうとスッキリ決める機会にもなりました。

気合入れて大声出していこう。

ご年齢を伺うと仰天しそうな(っていうかした)亀岡先生に、何かを切り開く、何かのインパクトを残す礎となるものは何か、自分のどこをどう鍛えていけばいいか、教えていただけて感謝しています。