さくら事務所の働くママ・サポート制度


2017-03-08_11-38-09_643

育休中のさくら事務所美人コンサルタントつっじー(辻優子)が、復帰打ち合わせで来社してくれてました。

10年来の戦友である彼女は、2回目の育休ですっかりママの貫禄…つっじーがもう2児のママとはねー(感涙

1回目の産休・育休からの復帰時は会社で初ケースだった・初リモートワーク導入だったこともあり、仕事のやり方も成果管理もお互い手探りでちょっといい勉強しましたが、今回はその宿題もふまえていくつか担当領域や仕組みの工夫を考えてます。

それにしても今回、長女ちゃんの保育所がダメで1年半ギリギリまで育休を延長することになったんですが、保活ってほんと大変なんですね。

さくら事務所もリモートワーク導入や預けられないお子ちゃま連れ出社などなど取り組み試行錯誤してますが、それでもなかなか育児を頑張るママ・パパサポートは困難な道のり。

できることからひとつづつ・一歩づつと、この件に限らずいつも自分に言い聞かせてますが、時に焦りでくらくらします。

それでもつっじーが「育児を楽しみながらやりたい仕事もできるだけっていう、本当に恵まれた状況です!」と言ってくれるのがありがたく、心の支えになったり。

というわけで今日は半年育休を延長しなきゃなんないつっじーが、グラデーションで仕事や会社に参加しつつ、会社の状況を共有したり新メンバーと馴染んだり、仕事・スピード慣れしていくためのプロセスや体制について話し合ってました。

来期からの新サービス・新規事業アイデアももりもり出してくれて、やっぱり住まい領域の仕事って生活そのもの・日々の体験がいいアイデアに繋がるなあ、皆にも生活そのものを楽しんでもらいたいなあと気づきがいっぱい。

まだ助走期間ですが、つっじーとまた仕事できるのが楽しみです。

それにしてもつっじー、皆にダイソン(吸引力が衰えない)と呼ばれるトークの破壊力があいかわらず健在すぎて、なんかこう生気を吸い取られた感じ・・・今日はもう仕事終了していいですか。爆