理念があれば働き方は自由


10981698_1023018041059405_8054747279879369643_n

久しぶりに揃った、チームさくら事務所でご飯。

内装職人の世界へ修行に戻ったアラタ隊長から、仰天賃金事情や強烈慣習とか、根掘り葉掘りリサーチ。
いやはや、勉強になりましたっていうか、度肝ぬかれてます。

ところでこのアラタ隊長みたいに職人さんやりながらの、さくら事務所活動や、歩くんが自分の会社経営しながら、さくら事務所執行役員&コンサルタント活動、周囲からそれはそれは驚かれることが多いんですが、さくら事務所ではそれが普通の働き方です。

あんまり聞かれないから言ってないだけなんですが、私も役員就任前はフリーエージェント形式だったし、他にも会社や団体つくって活動してたのはその頃からで、別にいま経営者で自由だからっていうわけじゃありません。

そもそも、色んな人とさまざまな仕事を並行してるほうが、セレンディピティもイノベーションも起こりやすいし、知識・経験値・胆力やキャパの成長度合いも格段に違うので、結果的に会社にもたらす成果がぐんと大きくなります。

理念とミッションをがっつり共有し結びついていれば、働き方とそれによって起こることは全部、場面場面の真摯な話し合いで解決できるもの。
逆に言えば、それくらい自由で、その自由と同じサイズの責任にコミットするプロたちと、お互い進化と変化を競い合って仕事してたいんですよね。