デュアルワークを普通に働き方の選択肢に


DSC_2764

さくら事務所経営企画メンバ-として大活躍してくれてる、智子さんと久しぶりに打ち合わせ。

智子さんは1年くらい前にご主人と一緒に勝浦に移住し、月イチくらいで東京オフィスに来る以外は完全リモートワークです。

経企メンバーとしてすごく重要なミッションを一人でその時々のチームをまとめ、プロジェクトを遂行してくれますが、同時に勝浦エリアでの仕事もしてるデュアルワーカーでもあり。

東京でインスペクターとして活躍してくれてた人が、自然と農のある暮らしを叶えるために関西に移住し、関西のインスペクターとして所属チームを変えたり、全社をまとめる重要な役職メンバーが2人とも女性で、かつ育児時短や海外リモートだったり、さくら事務所では個人のライフシフトにあわせて働き方のほうを自由にシフトさせる、よりキャリアに深みや広さを加えるためにデュアルワークする、デュアルライフを送る、といったことを普通の選択肢としています。

もちろんいずれ私のバトンを受け取ってくれる人も必要なので、がっつり会社で全業務にコミットし、あらゆる職域に手を伸ばしてくれる人もいて、そういうメンバーたちはもう完全に自由という名の放置。

やりたいことを形にするという権限と責任をまるごと、楽しみもがける機会をごそっと渡してただ見ています。

相談されてもにやにやするだけで、ろくなアドバイスもしません。←できないという見方もあるw

それはともかく、さくら事務所にはこれからもっと智子さんのような、地域と、違う仕事や領域と、さくら事務所との架け橋になってくれるようなデュアルワーカーが増えるといいな、と思っています。

拠点は別に無理に移住先じゃなくてもいいんですが(笑)、さくら事務所の価値観と業態、領域だけだと、どうしてもその発想や視点にも斬新さ、常識や既存のありかたを疑う姿勢が薄れてきてしまうので、週に2・3日とか、新しい風とスキル、個性や考え方、知見をもたらしプロジェクトを遂行してくださる方。

たまたまさくら事務所の場合、年末年始以外は土日祝日問わず営業していて夜間シフトもあるため(社員メンバーたちはそれをシフト休・フレックスタイムでカバーしあってます)、元の仕事に大きく影響せずにデュアルワークを始めてみるのにも、いいんじゃないかと思っています。

これらの働き方や具体的な求人内容は実はどこにも出しておらず、今までもご縁があった方となんとなくさりげなくそういう働き方で繋がりあってきたのですが、この先もそういうご縁、ご連絡をふんわり、お待ちしていますw