一戸建ての屋根裏でよくある困った事例ランキング5


d531911b97953672259dc4ceaea259cb_s

さくら事務所ホームインスペクター山みん(山見)による、一戸建て屋根裏・床下調査で遭遇する劣化・不具合事例の勉強会。

どこかに侵入可能な開口部があると、ハクビシン・コウモリ・ネズミなどの糞尿、鳥が巣をつくるなどの獣害もよく起こります。

ハクビシン、見た目けっこう可愛いんですが重みで天井を踏み抜くことも・・・

屋根裏でよくある困った事例を5つランキングするとこんな感じです。

1 雨漏り・結露
2 接合金物の施工不良
3断熱材の施工不良
4換気扇ダクトの接続不良
5獣害

売買時はもちろんですが、所有された後もちょこちょこのぞいたりなど点検していれば、被害が小さく修繕費もわずかで済みます。

意識してのぞく点検は是非ご自身でもと熱烈おすすめしていますが、屋根裏・床下へのご自身での進入は正直なところ、あまりおすすめできません。

釘などが飛び出していて危ない環境であること、無理に進入すると板を踏み抜いたり、戻れなくなるケースもあること、配管などを破損させてしまうリスクなどもあるんですが、そこまで苦労して進入されても、事象を見つけることができても原因や対処の検討にはいずれにしても専門家が必要になるので、進入はお任せするほうがいいと思います。