日経産業新聞さんにホームインスペクション


2016-12-15_12-12-01_990

本日の日経産業新聞さんで、ホームインスペクションについて大きくとりあげていただきました。

宅建業法改正によるインスペクションの説明義務化や、インスペクションの効果的な使い方、日本の不動産市場の課題など解説させていただいてます。

記事最後のコメントでも書いていただいてますが、取引時点での建物コンディションが融資価値と連動しない状況は、建物寿命を延ばす適切なメンテナンスや社会的価値向上のためのリフォーム意欲を削ぎ、中古住宅売買活性化を妨げる要因となります。

さくら事務所でもいくつか連携モデル事業に加わらせていただいて、インスペクションで把握したコンディションを数値化するチャレンジなど行っていますが、金融機関さんの動きがなかなか鈍く残念なところ。

この領域に新しい解決策を見いだせるのが不動産テックなんじゃないかと思っているのですが。