マンション大規模修繕工事、18年周期への見直し


5a0aa2e049c2e30dfd7ffdc5db01cb0d_s-e1517985846802

分譲マンションの大規模修繕工事をオリンピック後に延期したほうが、工事費が安くなるのではとお考えの管理組合さんが増えているようです。

さくら事務所にも時々、そういったご相談をいただくようになりました。

現在、工事費が上昇しているのは事実ですが、足場代や人件費なども需給バランスなので、延期が集中する中で工事費が沈静化するかどうかは未知数です。

オリンピック前後という数年程度の短いスパンで考えるのではなく、数十年単位の長いスパンで長期修繕計画を見直して施工回数を減らし、合理的にコストダウンするほうが本質的かつ合理的でしょう。

そこで、「大規模修繕工事、18年周期への見直し」をテーマにセミナーを実施することにしました。

告知直後からお申し込みが集中していて、急遽、広い会場へ変更したのでまだ少しキャパがあります。

GWの合間ですが(っていうか今年はGWって呼べるのか?)、分譲マンションにお住いの方は是非ご参加くださいね。

【マンション管理組合向けセミナー】
大規模修繕工事の最新トレンド!これからの修繕周期は18年!
https://www.s-mankan.com/seminar/3097/