地盤の揺れやすさを知る・微動探査勉強会


IMG_4601

今日はさくら事務所の新規事業である、新しい地盤調査【微動探査】についてメディアの方々と勉強会・体験会でした。

画像だけ見ると、人気のない駐車場に呼び出してケンカ売ってるコラ画像にしか見えない、私の迫力ですが…

IMG_4653

こう見えて大真面目に地震対策、防災・減災のための取り組みについて語り合っただけです。滝汗

事業で大変お世話になってる、一般社団法人地域微動探査協会から、地盤博士!横山さんにもレクチャーにお越しいただき、地盤の揺れやすさや地震周期がおよぼす建物への影響など、わかりやすく詳しく解説いただきました。

地震対策ではそもそも柔らかいゼリーのようにふるふる揺れやすい地盤、固いゼリーのように比較的揺れにくい地盤、どちらの上にのってるか、

また墓石や家具など小さなものが倒れやすい周期、木造2階建てくらいの規模が揺れやすい周期、タワマンなど高層建築が非常に揺れやすい周期など、その特徴にあわせ耐震と制振を組み合わせるのがベストですが、

従来の地盤調査では、地盤の固いところ、支持層がどのあたりにあるかを掘削調査し、地盤改良や杭などの対策を行っているものの、地盤の揺れやすさや固有周期は確認できません。

それらを解決するのが人が感じることのできない風や人・車両の通行、雨などによるかすかな微動を計測し、地盤の揺れやすさをピンポイントで出せる微動探査。

掘削などの必要もなく置くだけでデータ計測できるため、既存建物が建っている敷地、コンクリート上などでも対応できます。

すでに事業者さん・マイホーム購入者(施主)さんからはもちろん、地震被害の大きかった地域など自治体からのご相談もあり注目され始めていますが、仲間たちとこつこつ普及活動に取り組み防災・減災に貢献していきたい!