最高レベルの防災に取り組むために


IMG_5054

微動探査機という土木系・高層ビル(つまり大型の建造物)などで活用されていた地盤調査技術を住宅用にもちいた、さくら事務所の新規事業について記事にしていただきました。

住宅の地盤調査において、今までは「地盤の揺れやすさ」や「地盤の固有周期」まではわからず、地盤にあわせた建物への対策ができていなかったことを解決するサービスとして、多方面からご注目いただいて取材が続いています。

ホームインスペクション(住宅診断)やマンション管理組合コンサルティングの会社やってるものの、私自身は建築士でもマンション管理士でもなく、おまけに超・文系なもので、技術的・専門的なところは社内にたくさんいるエキスパートの力を借りつつ、日々がつがつ猛勉強のキャッチアップなんですが、この微動探査事業も社外の地盤博士や強力アカデミック布陣にとてつもないサポートをいただきつつ。滝汗

今までは第三者のホームインスペクション会社として自前のサービスを提供するだけの体制だったのを、JVや協業で提供できるサービス・事業の幅をじわじわ広げ、安心・安全で快適、高耐久、省エネ、社会的耐用年数の長い・経済合理性の高い住まい、人と不動産のより幸せな関係にいっそう大きく貢献していきたいと考えています。

まずは命を育み守る住まいとして、最高レベルの防災を。一緒に考えていきましょう。