大学院修了式


IMG_9986

大学院修了式を迎えることができました。

修了生代表挨拶をさせていただいたのに感謝の言葉をどれほど尽くしても足りないもどかしさと、泣くのを堪えるのに精いっぱいで上手く伝えきれなかった焦り、謝恩会でもまたお一人おひとりとゆっくりお話、御礼をお伝えできる時間がなかったこと、まだふんわり反省と寂しさの余韻のほうが大きいのですが…

大学院での学び直し期間は大きな学びや気づき、見えていなかった世界やできなかったことにチャレンジさせてくれる機会、生涯の道しるべとなるようなご縁、弱さと向き合い自分を信じる忍耐力や、どんな時も受け止めてくれるあたたかく、愛情に満ちた居場所を授けてくれました。

2年の間にはあいついで両親の看護・介護と看取りがあり、公私ともに関係性や環境の大きな変化とお別れがあり、事業のチャレンジやそれ以上の失敗があり、かけがえのない時間を大切に楽しみ味わいつくすというよりは、あまりの慌ただしさに振り回されないよう必死で、思い悩み悔し泣きし、なんだか禊のようでもあり、今までなかった胆力を貯める充電期間のようでもあり、

それでもこのタイミングだからこそ、この仲間や恩師と出会えたことに大きな意味があり、救われて、成長させていただいて、今があると思っています。

IMG_9956

宝物のようなご縁でした。私にとって、皆の存在が誇りです。

これから高く飛ぶための勇気や、長く進み続ける糧となる応援、ともに笑い泣きあえる生涯の絆を与えていただいたご恩を、これからまた自分が誰かにより豊かなものを手渡せるようになることで、還していきたいと願っています。

本当に、本当にありがとうございました。