子供に韻を教えることの重要性

童謡は、子供たちが歌ったり聞いたりできる物語のある楽しい歌であることが知られています。実際、それは実際にあなたの子供に話したり読んだりすることを教えるための最良の方法の1つです。童謡は楽しくてキャッチーなものになっていて、子供たちにも歌わせる陽気な音色と組み合わされています。 

童謡に関して言えば、子供の言語と学習基盤を構築することの重要性は誇張することはできません。これらの短いキャッチーな歌はあなたの子供の学習能力を一斉に向上させることができます。童謡があなたの子供にとってどれほど有益であるかを知る機会をお見逃しなく:

  1. 音韻意識の発達

韻は実際にあなたの子供の発音、助けることができます 音韻意識を含む重要なスキルを。それは、言語の音に気づき、それを操作する能力です。童謡では、難しい単語の発音を子供たちに教えるのに実際に役割を果たす、間欠的な単語でいっぱいであることに気付くでしょう。それだけでなく、童謡は子供たちにイントネーションと正しい発音を教えます。

  1. 記憶力を強化する

BaaBaa Black SheepからバスのWheelsまで、これらの曲を心から知らないことは否定できません。童謡には通常、私たちが定期的に使用しない言葉があり、それは子供の記憶を刺激するためのものです。これは実際に、書かれた単語の音を認識することを学ぶ子供たちのためのウォームアップとして機能します。

  1. リスニングスキルの向上せる

童謡の物語は子供たちを楽しまだけでなく、リスニングスキルにも役立ちます。楽しい韻と音色のために、子供たちはあなたに耳を傾け、注意を払うように描かれます。それは彼らが物語を理解するのを助け、同時に彼らを良い聞き手になるように訓練します。 

  1. 読解力の向上

童謡はお子さんの発音を助けてくれるので、お子さんが読み書きの仕方を学ぶ方法と密接に関係しています。ですから、子供たちの先読みスキルを助けるために、韻を踏む方法を学ぶことは、書く方法を学ぶ前兆です。パターンや音節で単語を発音させる方法を学ぶことは、将来の単語の綴りに関しては良い重要なポイントです。 

  1. 視覚化

童謡で使用される単語は、子供たちが日常生活の中で人、物、出来事と単語を関連付けることを可能にすることによって、言語理解を発達させるのに役立ちます。また、韻の物語は、彼らがキャラクターや場所をどのように描写したいかについて、彼らの心の中で絵を視覚化させます。 

多くの場合、童謡は、子供たちが頭の中で風景やシナリオの絵を簡単に形成できるようにする色、形、画像で説明的です。これは、彼らが物語を精神的に再現するときに、彼らの想像力と創造性を育むのに役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です