大西典香:良い不動産業者と悪い不動産業者

不動産業者不動産業者を購入または売却する場合は、不動産業者を取得することが重要です。プロパティ。あなたはそれを一人で行うことができますが、あなたがあなたの取引から最良の取引を得るという保証はありません。人生を変える決定をする前に資格のあるエージェントを探すことは害にはならないので、良い不動産エージェントと悪い不動産エージェントを区別する際にガイドを読んでください。 

すべてのエージェントがあなたのニーズに対応できるわけではありません。それらのいくつかは日和見的であり、機会があればあなたをはぎ取るでしょう。:あなたはこれらのヒントを使用してプロパティを処理に関連するすべてのものを信頼することができます右の薬を探します

良い薬

悪いものから良いエージェントを区別異なる資質があります。表面的には、彼らは暖かくフレンドリーであることによってあなたの信頼を勝ち取ります。誰でもこれを行うことができますが、次の特性はあなたがエージェントで探すべきもののいくつかです:把握することは

  1. 良いコミュニケーター

住宅市場に関するすべての更新を常にあなたのエージェントの最優先事項でなければなりません。あなたがあなた自身の財産の状態で更新されないならば、それは苛立たしいでしょう。

  1. 積極的な営業担当者

勤勉なエージェントは、潜在的な購入者を見つけると同時に、既存の顧客を監視します。彼らは、リストにある現在の買い手と売り手のプールが適切に更新され、処理されていることを確認します。 

  1. 顧客の意欲 

顧客のニーズを最優先することは、あらゆる不動産業者の信条であるべきです。この仕事の最優先事項は、クライアントにとって最良の取引を見つけることです。

  1. 地域を知って

いる家を買うことは家自体だけではなく、それに付随するコミュニティについてです。地域を理解することは、クライアントのニーズを理解するのに役立ちます。 

危険信号

あなたが不動産を売買しているかどうかにかかわらず、あなたの家はまだあなたの人生の重要な部分です。あなたのニーズを最優先するエージェントだけを信頼してください。そこには良いエージェントがたくさんいますが、それでもこれらの警告サインに注意する必要があります。

  1. 悪いコミュニケーターする

悪いエージェントの警告サインとして週に1回更新ことを検討してください。彼らは、リストや潜在的な購入者の最新情報について常にあなたと連絡を取り合う必要があります。エージェントが彼らのゲームの上にいないとき、それは悪い兆候です。 

  1. ゼロの自信自信に

良いエージェントはあふれています。これにより、彼らはあなたを効果的に表現することができます。この自信がなければ、あなたは悪い取引をすることになります。自信がないということは、交渉スキルの欠如も伴います。 

  1. リーダーシップイニシアチブはありません

不動産業者は住宅市場をナビゲートする際のガイドです。彼らがあなたを正しい方向に導くことができないなら、これは注意すべき警告サインです。 

専門家主義これらの非専門家のエージェントは彼らのゲームの上にいないので、これは簡単です。エージェントが常に遅れて現れたり、明らかに望まない取引に圧力をかけたりする場合は、それを危険信号と見なしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です